RX-78-02 GUNDAM 塗装完成まで (リバイブ版)

今回のガンダムは特にアトハメの難しい工作などはほとんど皆無で作りました。誰でも作りやすいように。最後ヘッドだけ継ぎ目処理しましたがこだわる人だけやってみるといいかも。

まずは完成状態。

78ganndamu009

ビームライフルは持たせません。「どうせ残り一発なんだ。」って投げ捨てて、「なかなかいい度胸だ。」と言われたいです。

0805002

リバイブ版の肩パーツは接着しても良い構造です。ここは思い切って最初から繋ぎ合わせてしまいましょう。あとはゲート処理をすればOK。

0805003

上写真 右に見えているヤスリ類でゲート処理をします。今回は面処理などの面倒な作業は一切しません。簡単に塗装完成です。ヒケ処理するほどのヒケもそんなには感じないかも^^;

0805005

とは言え、やれることはきちんとやっときましょうね。V字アンテナのフラッグは取り除きましょう。この時どんな道具を使うかですが、自分が持っている一番薄くて切れ味のいいニッパーを使うと良いです。

0805006

うえの写真にありますのはアルティメットニッパーです。タミヤの薄刃ニッパーでも構いません。他はあまり解りません。が刃の厚いニッパーは手元が狂うとアンテナの長さが変わるほどおかしなところでカットしてしまうかもしれませんのでその時は板の上でデザインナイフで丁寧にカットすることをお勧めします。

0805013

細やかで無くしてしまいそうなパーツってありますよね。塗装が終わっていざ組み立ての時にあれが無いこれが無いなんてことを経験した人は多いはず。そうならないようにあらかじめ細かいパーツは名前を書いたジップ袋に保管しておきます。

明日明後日なら覚えていても一週間もすれば人間どこに保管したのかを忘れます。ましてや数か月後になったらすっかりそんなこと忘れてしまいますよ。それで捨てられない成仏できない箱が出来上がるなんてバカバカしいですよね。大袈裟で良いくらいの大きな文字で袋に保管します。もしくは紙コップとか。

0805014

フレームアウトしてるんですが、ファインモールドのご機嫌クリーナーで洗浄します。超音波洗浄機は私の塗装環境には必須です。

洗浄と換装をしてないと塗装が乗りません。後から剥がれるとかゴミが付いた塗装面は困りますよね。

0805017

基本塗装が終わってタミヤのスミイレ塗料でスミイレします。モールドのあらゆるところに形を浮立たせるための物ですから自分でここは目立たせておきたいと思われる角に流しておくといいでしょう。この時組み立てた後にやるとエナメル破損する原因になりますので組まずにパーツごとに行います。後で破損させないようにするための対策ですね。接着したところはそのままスミイレしてOKです。

0805019

ガンダムの耳のところもスミイレバルカンも忘れずに。よく見るとヘッドは前後分割が出来ます。胴体にもできるんですが、胴体は肩のところに出るだけですので無視できるレベルですがここは私は気になるので後でマスキングして継ぎ目処理をします。アトハメでいいのですが、今回はアトハメじゃない方法をご紹介しておきました。

0805020

へそしたのV字マークの塗り分けです。

0805021

まずはホワイトでV字を書きます。

0805022

その上から黄色で色を乗せてはみ出たところはエナメルシンナーでふき取るという古典的方法。

0805024

最後にクリアーでトップコート。先日切れたので新しく購入した次第です。新品です新パッケージですねぇ。

0805028

フラットクリアで塗装しますのでDPボトルに1:1で割ってストックします。時間がたつと濃くなりますので都度薄め液を足すといいかな。

0805032

組み立て開始。今回は素手で組み立て~。だって昨日はクーラー掛けてても暑いんだもん。

0805033

カラーリングもばっちりだ。自分のガンダムカラーはこの風合いが好きです。

0805035

ヘッドの後処理。接着は瞬間接着剤。はみ出たところはスクレープグルーバーで取り除きました。

0805036

マスキングは後ろに見えているパンツァーパテを使用します。

これは要はゴム状のマスキング材です。形が不均一なものに対して絶大な効果を持っています。

0805037

ほうら、宇宙からの物体エックスだったけ?そんな感じでマスクできるんですよ。他にも似たようなのありますし、あ、そういえばブチル系ゴムでも同じこと出来ますのでいつも私が使っているゴム粘土ね。あれでも大丈夫。色が付いている方がマスクしたところが解りやすいってだけですから。

0805040

あと、今回は額のカメラのへこみ部分をどばーんとクリアレジンで埋めてやりましたわい。なんで?そんなんやってみたかったからとしかいいようがないんですけども。あまり結果は解りません。小さすぎてちょっとね。反射したところで額のアンテナの赤いキャラメルが邪魔するしね^^;

0805042

性懲りもなく裏も同じことやってますね。

0805046

うちのガンダムの色ってよく質問で聞かれるもので黄色と青に何を使っているのかこちらをご紹介しておきます。

ガイアのビビッドオレンジとクレオスMSライトブルーです。

赤は赤じゃないです。赤からピンクを作るのですが、これが複雑です。ハハハ忘れた。動画中になんかしゃべってるけどめっちゃ適当かもしれません。ここは自分で想像で混ぜてみてと言いようがないですm(__)mスマン!!

0805048
0805051

完成。膝立ちも自然かな。お腹が前に前屈する形は大事ですね。アレックスの時にも言いましたけどこれがあると背筋と足のバランスが取れるんですが、このリバイブではちょっとまだ不自然です。正面から見てないのでわかんないですけども。

スタイリングもよい。自分で改造しなくてもそれなりだし、塗りが一日で終れたしこれもありじゃないかな。

0805055

ガンダムの顔って1/144ではここらへんまでなのかな。カクカクしてて昔とイメージがそんなに変わりません。良いと言えばいいし。

78ganndamu003
78ganndamu006

しいて言えばフットパーツの曲がりがよくないかもしれませんね。足首関節のボールジョイント部分一旦切り離して角度を外に傾けた状態で取り付けられる角度にして真鍮線で軸うちするとより足を開いて接地出来るポーズがとれると思います。

リバイブ78ガンダムこれにて塗装完成です。

実は続くんだけどどんなふうに変化するかはお楽しみに^^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です