HGザクⅡの工作ブログ編2

2019-06-18 00.26.31

最近シャレオツになったサムネですがそれなりの品質が出てくれていればいいんですが。

これまでのサムネイルから脱却したいと思います。でもちょっと混ざってないと誰の動画かもわかりにくいのでたまにダサさのようなものも追加していたりします。日本語が無いとなんの動画かもわからんしね^^;タイトルを読まないと解らない時はそれはソレで成績に影響しそうですし^^;

zaku03004

サフー!軽く一髪噴きつけてヒケや傷をチェックしております。ゲート処理のこしがないか、サンディング失敗しているところがないかとかそんなチェックをしています。この一回目のチェックは半分くらい通過しないこともあります。それでいいんだと思っていますが、今回は2体分だから同じところにヒケが出てるのを見ると大量生産プロダクトの凄さというかそんなのを感じました。右の足にはヒケがあるのに左にはない。しかし2つとも同じ個所にヒケがある。これってすごい?!

zaku03003

2倍のザクパーツ。案外めんどいぞ~、足のミサイル12本とか。塗り分けどうしましょってとこですが、まとめてマスキングで上からフワッと塗ると思うのです。

zaku03002

エラーが出たパーツたち。ザクは緑色なので緑色のグレージングパテの適応となります。うふふ^^

ロックペイント ロックラッカー グレージングパテII グリーン 250g 029-0213-65

久しぶりのグレージングパテなのでちょっと塗っているとき嬉しかったり。あ、でもね。これみず砥ぎしようとおもいますのよ。手前の動力パイプがちょっち心配。グフの時もそうでしたけど結構念入りにパーティングライン処理したつもりだったんですけど塗ったら目立つ目立つ。

ふとさ半分くらいの細身にしてしまいそうですね。

今回のザクも以前製作したC5X2のオリジンザクみたいに並べて撮影してみようかと思います。筆塗装ではなくエアブラシで完成に持っていきます。グフと同じ製法でレベルも同様にしますのでお楽しみに。

HGUC 機動戦士ガンダム MS-06 量産型ザク 1/144スケール 色分け済みプラモデル

安いよな。ズゴックもまた仕入れておきたいぜ。

2 件のコメント

  • こんちは!サフチェックで出てきますよね~。しっかり処理したつもりだったのに「毎度~!」って(^^; たまに発見できずに本塗装に突入してしまうこともあります。見なかったことにしてしまいますが。グフの動画に続いてザクもテュートリアル的なのと道具の紹介が増えましたね。以前は「動画で使っているのなんですか?」っていうコメ入れたりして。最近はなんだか積極的に取り入れてられるように思います。いいですよね。みんな気になるポイントだろうと思います。
    表面処理の道具といえばやっぱし、シャビーブスクレイプ・・・ですね!これをpZeroさんに教えていただいてすぐに使い始めていまだに「こいつは優れモノ~」って感心します。

    • こんにちは。いまだにスプレイプ・・・は名品だと思います。これだけあればカンナ掛けは他要りませんね。使ってなくても何となくわかるのはグリップと刃の形状でしょう。各メーカー真似したいんでしょうけど無理でしょうね。このところ動画の作り方を見直しています。相変わらずなんですが、区分分けして見やすくしたいと思うところもあれば作っている最中に流れてしまっているとこもあったりと、学校に行ってお勉強したい気分です^^;グフザクはさらに展開します。お楽しみに^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です