タミヤ M60A1+リアクティブアーマー

M60パットンですが、仕様がリアクティブアーマーのキットです。

先日の再販時にすかさず買っておいたものです。タミヤも人気商品はすぐなくなる傾向が出てきました。やはりこのパッケと同じ色がいいかな。砂漠仕様かっこいいねぇ。

サイド面には国内仕様としてのカラーリング。シュノーケル付きです。

当時の参考写真も側面に掲載されています。

後方バスケットのためのメッシュ素材が付属。めっちゃ余分に余るので残りは取っておきましょう。

取説には左肩に車長おじさんのイラストがある。ちょっと古めのキットがもとになっているのでモーターライズの名残の形が残ってる。

早速組み立てますが、まずはモナカ砲身を先に接着します。数日後研磨しましょう。

シャシーの裏面です。構造は若干船底のように少し丸くかまぼこのような半円中ドーム。

いつものアダプターに取り付けます。一旦中央においてここの穴に設定しました。反対側に邪魔な構造体がありますが、その時は容赦なくニッパーで食いちぎります。

まずは1mmで下穴を開けて、徐々に1.5mm、2mmと穴を3mmまで拡大します。

3mm径になったら化粧ねじをアダプターからシャシー内部まで通して3mmナットを取り付けます。

3mmナットを固定します。3mmプラ角棒にて3角形にぐるりと囲んで接着。

1mmプラバンの適当な板をカットしこちらも中央に3mm穴をあけておきましょう。

重曹で角棒枠とシャシーをガッチリと瞬着と合わせて固定しておきます。

瞬間を流して重曹を振りかけるだけで十分です。

さらにグレーに見えるところこれは3mm角棒ですが、その上に瞬間接着剤をのせ

先の1mmプラバンに穴を開けておきまして

上から蓋をするように接着です。これはナットが上に逃げないようにする蓋です。穴を開けたのは3mmのビスが飛び出たときの逃げになります。

ガッチリ固定してクルクル回転させて固定w

転輪を作ります。邪魔なランナーを切って二枚のランナーを合わせて作るやり方ですが、タミヤはパターンはあれど大概これが出来ます。左右対称で転輪の間隔も対象になっています。

転輪の内部にはポリキャップを入れ忘れないように挟んで接着。

ギュギュっと抑えて接着。

あとはゲートカットしてやるだけ。

この方法の利点は手間を省くだけではありません。ゲート位置が貼り合わせた二枚の転輪ともに同じ位置になるってことです。ゲート処理時の効率アップになります。

ミニ旋盤を出してコレクトチャックにキットのランナーで作った円錐ジグに転輪を差し込む。

回転とともに金ヤスリでパーティングラインを削ります。ほんの数秒で粗削り。

最後はぺーパーで毛羽立ちを取り除く程度。

分かりにくいと思いますが、左が使用後、右が未使用後。転輪の端っこにあるパーティングラインは消えています。手で十数個やるのはとても億劫です。ましてや戦車の箱を見るたびに転輪を作るのが大変だから後にしよう、と。箱を手にとっては別ジャンルに逃げる理由になっていたのでこういう道具はやっぱりあると便利ですね。自作も考えたけど自作期間で一個作れそうなくらい時間とさらなる費用が掛かると思えばあほらしくてこれ買った方がいいと思いますよ。自分は10年前くらいに日曜大工で買って倉庫行だったものなので蔵出し?掘り出し物見つけた感じですけどw今じゃ丸いパーツの加工には欠かせませんね。

機動輪の設置。なんとメタルシャフトw流石モーターライズ品だったこともありますな。こう言う異種素材を同梱するだけでも手間だとは思うけど我々は大歓迎w

転輪はポリキャップでの差し込み固定です。リターンローラーはピット糊で仮固定してあります。

砲塔後方にバスケットが装備されます。線の細いパーツ3個と支柱が4本。これを組み合わせ接着してバスケットの原形を作ります。ジグがあるのでそれに合わせて組みますが、あまり役に立たんジグでした。あのジグあってもスポスポしてて結局目分量。底面と側面に冒頭に紹介したメッシュを貼ります。

ゼリ瞬を用意。ロックタイトです。ここは高級ですが着実なものを採用しましょう。

貼り付けて硬化スプレー。

側面の貼り付けのほうが難しいですよ。局面に這わせますので先に左側先端を接着。そこから順に接着してくるりと回すように最後のところを合わせます。カットは取説に原寸図があるのでコピーを取って切って貼って同じ大きさにカットしました。

さて、パットン戦車は鋳造砲塔なので上下に溶接痕が残っているとはいえ、キットの継ぎ目の線が段違いになっていました。仕方ないのでここはパ手盛りすることにします。あとで溶接痕を付けるかというとやりませんwアーマーで隠れると思いまして^^;

シアノンDWを出して

ベビーパウダー(BP)と混ぜる。これで瞬間接着剤のパテが出来ます。粘性は混ぜる粉の量で変わります。少なくすればサラリ系たくさん入れると粘土になっていくわけです。硬化スプレーで表面は一発硬化できるので自由度が高いです。コントロールしやすい粉を見つけてください。BPは一番私にあってる。

いい感じの溶接痕だと言ってもいいかもしれませんが、ここは削り倒します。アーマーがパテに干渉して付けられなくなるかもしれませんしね。

モーターツールは時間短縮の頼もしい味方です。

キューポラ回り蓋やらなんやらを取り付け。

後方換気扇の取り付け基部に盛大な隙間があったので先の瞬間パテを盛りつけて成形。

バスケットの取り付け。

上面フレームとシャシーの合体は後方で凸に差し込む形。前方ではポリキャップに差し込んで固定できます。この方式はモーターライズキットの名残でしょう。

車体砲塔フィギュアが出来ました。肝心のリアクティブアーマーも出来ています。今は接着はせず別においておきました。

基本塗装後に接着してウェザリング時は同時に作用することにします。

パットンM60A1はWotで報酬車両として昨年のクリスマスの時にTire9車両でプレゼントしてもらったので使いましたが、まだ三回くらいしか乗っていません。いつか乗るけど弾代とかランニングコストががかかって仕方ないのであります。でもかっこいいすよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。