ラジオ動画第423回まるで本編

さて、F14の翼の塗装を始めます。塗り方はずーっと昔にザクⅠを塗っていた時などの塗り方と同じ状態にしてそのあとエナメルシンナーで軽くふき取っていくだけですね。難しいのですが、でもそれなりの写真を見ながらやるとうまくいくと思います。

風邪もだいぶ回復したつもりなんですが、今日少し出かけたらまだ咳が出るのとその時に脇腹が痛くなりますねぇ。今日も一日ゆっくりしていようと思います。

4 件のコメント

  • こんばんわ
    いい感じに汚してますね…いいな~。
    付け根の半円の擦れはどうなるんでしょう?

    自分は長谷川迷人みたいに、
    今年だけでタミヤの48を7機作った人じゃないので
    配備したてのほぼ新品になってしまうな。

    F-14は翼を閉じてデルタ風になってるのが好きだけど
    AMKはスラット、スポイラー、フラップが
    別パーツなのと、一体型との選択なので
    翼展開+現実にはあり得ない
    スラットとフラップダウンでスポイラーが立ってるのが
    ガンダム・フルハッチオープンみたいでカッコいいよね。
    じゃあハッチ、キャノピー、ブレーキ全部オープンだな…って?

    妹の家は、義姉家族がインフルエンザを持ってきて大変みたいですが
    お気を付けて~^^)b

    • おはようございます。
      AMKが話題のようですね。新規ものには何かと後から面倒なことが起きやすいのでできるだけ後発で手を付けるかどうかを考えてしまいます^^;
      そう考えるとガンプラは新規モデルだろうかある程度デザインオミットされてるし品質は安定しているから、どの時期の何を作ってもHGやMGというブランドならほぼ間違いなく作れるから偉いですね。
      インフルエンザじゃない普通の風邪をひいただけでこんなつらいのにインフルはさらに上をいくわけですよね。
      39度近い熱が3日続くとさすがにフラフラです><

  • ウェザリング過程の動画ありがとうございます!
    いやぁ~凄いですね!とても勉強になりました!!
    塗装って、エアブラシのみでは時に単一な表現になりがちですが、実に深みのある表現になりますね。
    実際に数々のミッションに参加した機体のような、凄みが感じられる塗装表現…私もこのような塗装表現を目指したいです。

    • おはようございます。
      仕上がりの手際とでもいいましょうか。
      ここからが始まりみたいな気分です。どうやってもこの先の領域を延ばさないと誰でも作れる同じものになってしまう。
      そんな焦りもあり、急ぐと失敗してしまう。リカバリーしながら進めるんですけどこればかりは経験値を徐々に増やすしかありませんしね。
      見てきたものがどうだったかを思い出しながら先に先に、と。
      もう一段ウェザリングをしてデカール入れてクリアー掛け。そのあと全体のバランスを見て油彩系で描き込みします。
      AFVのウェザリング技術で~^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です