サーバインの製作を開始 Simple is best!で行こう。

ダンバインの時代から700年後の話。

OVAで学生時代に見た記憶がありました。ダンバインに比べ巨大な精密感のある感じの絵だった記憶があります。

バラバラだーw

足は見えてる部分全部流し込みで接着しました。問題は腕ですね。これ肘関節がかなり奥まってるので筆でも塗れないし、ましてはエアブラシでも無理な場所になっています。自分的にはスルーしようかと思っていたサーバインです。ただ、この子は今後のモデルの試金石になりそうな気がしてきたのでやっておきます。

今後のモデルというのはメーカーが出してくれるパターンがこれになってほしいという希望的?願望的な可能性を秘めているってことで^^;

このモデルにこだわりを持つ人の世代に向けた製品であるということと発売元がプラマックスであるということで非可動モデルの形としての発展を願いたい。ガレキのインジェクションモデル化?かな。

実のところ関節部分で分けてダボと柱の構造を取ってくれているだけで良かったんだけど複雑な割になっているのでどうしようか悩みました。

ですが、これ始めたら本来の自分が出てきた。旧キットと同じで「邪魔なら切ってしまえ」これです。あとは軸線入れて戻せるようにするだけでいい。悩むことないんです。固定ポーズだし、塊のユニットにして各々塗装して最後に組み立て接着完成。

simple is best!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です