ガンダムMkⅡ 写真展示

GW中は久しぶりにpZeroチャンネルでガンプラ製作のライブ中継を配信しておりました。

多くの方にご覧いただきまして誠にありがとうございます。

製作期間としては3日から5日最終日までの間でしたがトータルで10時間以上のライブ配信時間。ライブ時間以外でも作業を行っているものを収録しまとめ動画として配信しましたのでそちらも合わせてご覧いただくと24分ちょっとで完了いたします。

HG製作では箱や機種で工作の種類が変わりますが、いくつかある中の定番となるものの工作を基本に行いました。詳しくはpzeroのチャンネルで動画をご覧ください。

びよーんと飛び出てきたポーズ。「上から光が当たってる。」を補助する形のグラデーション。深みのある立体物。

カラーモジュレーションだ!なんて偉そうなことは言いませんけど塗り方も様々ありまして、このところAFVでは好きな塗り方を試しています。MSでも練習がてらやってみたのね。

各種スラスターの底面は黒の設定なのですが、肩だけ黒にしてあります。全部のそれを行うと黒の率が上がってちょっと汚く感じることもあるし、難易度も高い作業でもあるのであえて止めておきました。本当のところはハセガワのフィニッシュシートを張ってやろうと考えていたんですが、綺麗に切り出す自信がなくてね^^;

胴体は上に向かって薄い色にしてあります。シールドの青いところもすごく自然に見える。

実は白いところもc315グレーとGXホワイトのツートングラデーションかけてあります。すこーしだけお上品に見えるんだな。第二話でカミーユがコロニーから脱出しクワトロ隊に連れられて行くシーンのMk2は黒だったが光の当たり具合で真っ白に描かれていた。それをイメージしたらもっと白くても良かったかもしれませんね。

足の裏。肉抜きをなんとなーく埋めてんだがうめてないんだがの微妙モールドです。

蛍光塗料による塗装部分はUVライトを当てると反射して光ります。しかし、他も紫色に写真に写ってしまうので怪しさ倍増になります。

これiphoneで撮影したんですけど一般的という写真の撮られ方としてはスマホの性能にゃ敵いませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です