1/350 陽炎 FUJIMI 艦NEXTシリーズ

サーバインの編集もやっと落ち着いて最終チェック段階です。なんとか間に合わせたいところです。

ワークスペースではこちらを始めました。

NEXTシリーズってどんなもんだろうと買ってみたところ、なんと1/350に手を出してしまいました。大きいから保管が大変だとおもって敬遠していました。なんとか300円ケースに収まりそう?なのでドキドキしながら作ります。

色プラだった。戦艦モデルもガンプラを意識してるんですね。あとカッター類の塗り分けにシールが付属しています。塗り分けのところは全部なにかしらのものが付いていました。例えば煙突の黒いところも色ブラです。

リノリウムの色で塗り分けられるところですが、これどうしましょうね。塗ってから組み立てた方がいいのか?接着ラインがオーバースケールを醸し出してしまいそうです。すべてスナップフィットで構成されていて、船体と喫水線の上下も別パーツでスナップが利いています。1.5mm径のダボとピンで接続ですが、ねじ込まないと入らないくらいのキツさがあります。一旦くみ上げると分解時の抜きの力で破損しそうな勢い。1.6mmドリルで拡大して緩くして接続しています。それでもきついところはダボカッツしました。

こういったところでガンプラの知識があると戸惑わないのかー?!苦笑いしかないですけど、自分としてはこのシステムを導入を考えたFUJIMIも企画開発の会議は困惑と議論の嵐で大変だったんじゃないかしら。

色分けでの分割と付属のシールを見るとまるでHGです。

さてさて、どの程度までくっつけて塗るか迷いどころが数えきれません。どこで線引きをするかな。

昨日の動画ラジオで紹介したマシーネンのファイアボールとプローラーの箱

上に載ってる中途半端なやつらは放置しているガチャーネンです。大きさはこれと変わらないと思うんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です