アクリジョン塗料をもっと買ってこなければ足りなんだ。

フランクリンビダン

先日来今日さんのデザインしたジオを製作しております。今、ラッカーで基本色が完了したとこです。こっからかけ色を塗りはじめる最大の山場に入るところでござるよ。

写真: ジオ44005

アクリジョンを使って塗りたいんですが、予想していた色が実際と違うことってよくありますね。

そこで、自分で色調整しますがこれが出来るものと出来ないものがある。

写真: ジオ44004

絶対的に色数が少ないときに赤青黄色とホワイトを混ぜてやる方法もありますが

近似色を組み合わせたほうが楽なんですよ。失敗も少ないしね^^;

写真: ジオ44003

という事で今日の仕事が終わったら買いに行きます。

予定では今夜完成で明日動画出すつもりでしたけどちょっと無理っぽいかな。

写真: ジオ44002

で、今日さんの動画にあったナラティブB装備を塗っている動画のように

試し塗りでアクリジョンクリアとガッシュ混ぜで塗ってみて乾燥して爪で

ひっかいてみたんですけど結構硬いことが解りました。

ほほぅ。今日さんの言うとおりクリアとガッシュ混ぜてやるのもありかも知れないですね。

こうやって、試して使って経験値を積んで行くことが上達の早道なんだなぁ。

2019-06-01 12.01.47

こいつはトランプに似ているカミーユのお父さんです。

ゼータ開発に直接は関わってないのですが、その後のMS開発に大きく貢献していたのです。

マルガリータが好きなトランプ似。

4 件のコメント

  • 「川口名人のすいプラ」にクレオスの人が来た時に、
    アクリジョンは乾燥すれば塗膜が強くて
    上に何を塗っても侵されないとか
    知らなかった正しい使い方を教えてくれてた。
    ネットの風評被害で無視してたのを反省。

    フランクリン・ビダンは金髪だったっけ?
    全然覚えてないわ。

    • おお、やっと御門さんがこちらに来てくれました。嬉しい限りです。
      ほうほう、アクリジョンの塗装膜の強さはハンブロール並みなのでしょうかね。
      これからまとめ買いしてきますので、そのレポートもしたいと思います。水性塗料は主に筆塗りですが、
      さてさて、どれくらい強いかでまた使いどころが変わってきますからね。
      超簡単開発物語にこのフランクリンは登場します。ゾw

    • 才谷さんもこちらにお越しくださいまして大変感激でございますm(._.)m
      アクリジョンの特性をいま身をもって体験しているところです。気が付きませんでした。そうですね、匂いないですね。
      長時間塗装しててもふらふらにならないのはいいかもです^^;
      いや換気しろよ~って話ですけども^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です