ラジオ動画436回 P38ライトニング 難易度AAAだった

ライトニングの電源を2系統に分けます。モーターとLEDの同電源駆動は無理がありました。脳内妄想と実験の繰り返し→完成状態のイメージから逆算してどうなるかを実験→再び実験して原因が分かったら、電源の確保を考えたりケーブルの出る位置とか回転方向についても。

ケーブルの逃がし方とかこれならいけると思ってみても、実際やってみないと足りないとかデカすぎるとか長すぎるとか短すぎるとか狭い、狭すぎる!緩い緩すぎる!なんて問題もたんと出てきて苦労しますがそれが面白いのです。苦労してんですけどね。実際前回のあの38tの砲塔回転なんてギミックではあってもプログラムで動いてんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です