Ⅳ号F型 1/35タミヤその4

完成しました。

フィギュアが3体箱乗り状態ですのでこれを塗装します。流石35です。小さい。顔が小さい。目が点です。でも昨夜気が付いたんですが、この目いち転地をひっくり返したおうかまぼこのようなモールドが入っているみたいですね。

パフュームです!

ラストのピグメント処理でかなり土を盛りつけていましたが、大半ふき取りしました。ホワイトによる視覚的な効果もだいぶはがし取りしています。パンツァーグレーは難しいですね。こう考えると前回の緑色の戦車は楽しいわ。やること全部成功した気がした。

グレー一色のこっちは剥がしの色から試行錯誤が重なりました。今もどうにもならないのがピグメントでほんの少し載せたつもりのオレンジ色。実際カメラを通すとここまでオレンジが強調されてしまって上がるのかと。実物はもう少し抑えられているんですけど写真見るとどぎついねぇ。

これからは完成後の色を意識してピグメントはアース系も色を暗めに設定するか混色する?

救いなのは後方から見たところ先端から砲塔までの色のグラデーションオレンジからやがて白っぽくなり砲塔上面ではかなり濃いグレーになるようにしてみました。モジュレーションを細かく切らず全体に切った。視覚的にこれは正解。

この状態になるのも最後の最後AMMOのシェーダーのブラウンで全体を見ながらコントラストを調整しています。

コントラストってなんだ?!

と聞かれると明暗の強さです。色のコントラストとは色の濃い薄いの差です。端っこから端っこまでの距離が短いのか長いのかで差のつけ方が違う。今回は面でとらえるとしてもパネルラインの中でコントラストを調整するだけではなく見えているものの面でコントラストも考えてみました。

最後の最後でなんとかした感じでして、なんだこのギリギリの綱渡りの感じ。

転輪履帯と下回りの汚しなどこの角度から見ると分からんですね。あんなに苦労したのにね。

履帯の組み立て方法は数知れず。

むかーしやってたことを思い出しながら組み立てて、塗って汚すんです。

手順はシャシーを組み立てた後は転輪と履帯を接着するロコ式だったり、履帯だけをごっそり外す方法とか。あとは社外品のフリウルつかったり、今回はタミヤが最初からたるみつけたパーツを用意していたものでしかもジグ付き。なので履帯ごっそり外す方式?なんていうのか知りませんがその一番難しい方法で組み立てています。

ハッチを開いて乗員を載せました。

車長のヘッドは略帽式に。のどマイクとヘッドフォンにはちゃんと銅線でコードを取り付けています。よく見えないのが残念です。左右の人の顔の表情が違います。ちゃんとハッチに手を掛けてポーズがきっちり固定できるようになっているところなど最後の最後まで角度すらもあってる感じが田宮的好感が持てました。

実はこのフィギュア組み立ててはじめて載せてるんですよ。驚きのフィット感です。

それだけ私は信頼しているってことです。

反省点がいくつか。

一つ一つ潰していくしかありません。海外(国内のは見ないので)のトップモデラーの動画見てたら「自分もやるぞ~!」と意気込んでやっては見たもののなかなか同じようにはいかないってのがわかります。同じ道具、同じ素材を使ってるわけではないことを言い訳にはしたくないけど、チョー難しいですね。

ジャーマングレーの車両の怖さよ。

さてさて、作り方というか細かく見ていけばもっと時間をかけるべきところを数倍のスピードで進めています。例えば今回チッピングを行ったのですが、大半溶剤でふき取りました。写真を撮った後で「こんな結果ならやらん方がいい。」という結論に至ったり。もちろん自分の技量と相談した上です、チッピングはやった方がいいと思います。でも結果が伴いませんでした。グレーとチップした色のグレーがかぶる。いろいろ試したけどうまくいかなかった。なのでふき取りました。

実はてんこ盛りだった。

結果チッピングに掛けた時間はゼロに等しいです。本当は時間かかってるけど消したってことですね。

あとストレーキングやドッティングもやっていません。フィルターをふき取るときに結果それをやっている感じになっています。独自の方向性というかこれ以上てんこ盛りにしたところで逆効果になると思ったら引き算することも勇気だと。

(ドッティングはモジュレーションやピグメントワークで置き換わっている気がする。)

確認は写真

写真に撮って「これ変だな。」とか「色があまりにおかしい。」ことが強調されまして、次の日になって前日やったことをふき取るとか頻発。

以前じゃやらんかったことです。そういった意味ではちょっとだけ進歩したのかもしれません。そうゆぅことにしておきます^^;

写真に撮ったらオレンジ色がきつすぎる。あーうー(一眼で撮ったもの)

次の日ふき取り。(一眼で撮ったもの。)

さらに次の日、防盾のサビ色がきつすぎたのでふき取った。(iphone撮影)

カメラ変わっちゃったけど最新がこれ。(iphone)

よんごうの垂直面が男らしいw

それではシーユーネクストタイム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です