カイザーキーファーのウェザリングや内装の塗装開始

FFSの15巻届いたのとタミヤの38(T)E/Fも届きました。(*´艸`*)なんですけどレビューのラジオ動画撮れませんでした。後日。

カイザーキーファーは順調に進めています。本日行ったのは下回りから中までのウェザリングをメインに。最初はラッカーのスモークから始めます。これは艶ありですが、最初の影つけですね。大半はフィルターを掛けるので最初の目安的なものとなります。

影つけのスモークを掛けたところと下回りの様子を見るためにファレホなどで下回りの泥汚れのラインを描いておきました。これはほぼ見えなくなる部分です。

ひっくり返すとカニの感じすらもします。アクチュエータの色はターコイズブルーっぽい色にしました。同系色で違う色にするのはわざと目が行くようにしたいやらしさです。でも赤にするともっといやらしいですよね。ラリーカーじゃないんだしw

うむ、ターコイズの色が映えてしまうwけどこれくらいのものがあってもいいでしょう。内部の塗装に入りました。といっても基本的な色分け程度です。内部はインテリアカラーとしてアイボリーホワイト的な色。機器類は本当はブラックでいいと思うんですけどあまりにもそっけないのでフィールドグレーでドイツらしい色味で。

メーター類は視認性を上げるためにホワイトにしておきました。筆の刷毛目が見えてガサガサ感が。

室内後部です、本来2席シートがあるんですが、内壁隔壁を付けるとシートが収まらないのでシート無しということで。歩兵を運ぶという意味では弾薬や銃器、手りゅう弾などのインテリアもあった方がいいのかも。

足回りの泥汚れを本格的に開始。とりあえずテクスチャというか盛り上げる土の感じも出したいことからウェザリングペースト2色を中心に載せています。

側面からも見えてみると足を相互に動かして跳ね上がる程度を見極めつつ。

ボディ下面のちょい上のフェンダーの中くらいの場所までは泥が上がってもいいだろうというところ。濡れ感も出したいのでウェットクリアも載せる予定です。

上から下までの綺麗なところからどろんこまでのグラデーション?みたいな色を演出出来たら完了ということにしたいですね。明日もどろんこをモチャモチャと塗りたくる楽しみがあると思うと( ´艸`)たのしみ~

トラックやクレーンが固定するときの側面から伸びる足っぽいですね。これぞ重機の風合いだろうと思ってみたり。ここにもうちょい黒い泥とオイルの濡れた感じをかもしてみたい。

上面部分には若干のドライブラシとストレーキングまで行っています。チッピングはまだですが、数種類のチッピングを軽く行っておしまいですね。

内装にブラウン系の汚れを付けておきました。若干セピアカラーになってきましたね。シートの背もたれは黒を入れてメーター類に少しだけ赤と黄色くらいを点を付けて通信機の操作面にグロスを入れてやる予定。見えんけど^^;

回転台の上に納まりきらないくらいの大きさです。結構大きくて迫力がありますね。次回更新で完成ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です