ビヨンドガンダムのG3カラー完成。動画の補足としてご活用ください。

素組したものを塗装のために分解します。

分解後はゲート処理を行って串刺しします。

サフはクレオスの1000サフを使います。

今回のサフは捨てサフというよりプラの色も隠すつもりで塗ります。いつもより厚噴きです。

関節、武器フレームと思われる部分にはフレームメタリックⅡを採用。1ではなくⅡです。

一番白いところにはエアクラフトグレーを採用。出来るだけ皆さんが再現できるように瓶生を採用したいところです。他ヘリウムコアのところの薄い青はガイアカラーのライトブルーを使っています。黄色はビビッドオレンジ。

塗り分けて楽しめそうなところは塗り分け。バックパックのマルイチモールドや、ハンドパーツの関節内部なども。

pzeroといえば足裏塗りです。ここもパターンがありますので塗ります。時間短縮で肉抜きは埋めていません。

塗りに関しては完了のパーツの状態です。此処に至るまではすべて串で刺した状態での作業でしたか。この先はある程度組み立てた状態で作業するといいでしょう。

形をユニットにします。

そうそう、ビームライフルも塗り分けました。私の動画を見続けている人にはわかると思います。パターンですw人間だいたいパターンですよ。このパターン化というものが定着したとき次の新しいことを上掛けして進化するもんです。うん^^;

一旦くみ上げして、デカールの準備に移ります。今回はそんなにたくさんのデカールを貼れるものでもないのですが、大きさやデザインの関係は組みあがった形で合わせながらじゃないとイメージ付かないのでね。

EFSFなどの独自デザイン物はそこらへんに落ちてるものではないので苦労します。今回はプレバンのデザインデカールから持ってくるのですが実はこれ1/100なんで、使いにくいったらありゃしない^^;

マークセッターを使っていたんですが、クリアー吹き付けても糊の痕が残る問題が発生。マークフィッター(タミヤ)に変更します。

大判は手でマークを抑えて紙部分だけを抜き取る方式。

余分な水分は麺棒を転がして水分を追い出します。

クールなG3ガンダムの出来上がり。色の配色は公式の写真を見て参考にしました。

G3カラーに塗りました。黄色はガイアカラーのビビッドオレンジ。

素立ち塗りたてホカホカです。

今回もなにか変更点はなく、追加はデカール程度です。

後ろ姿。

統一させたのはグレーになるであろう部分はフレームメタリックⅡを採用しています。ビームライフルは若干白と赤を筆塗りでシリンダー構造を目立たせています。

お腹が細い。薄い。迫力というか強さを感じにくい珍ガンダム。

バックパックのマルイチモールドはチタンゴールドで筆塗り仕上げ。

もうヒザ立ちポーズがレギュラー化しましたね。

腹のヒンジがもう少し前かがみに出来るとより自然になると思います。が、今回はこれでもよくやってると思いますので今後も次につなげてほしいですね。

足裏の塗装パターンはこれまでと特に変わったものはありません。

ビヨンドグローバルのガンダムをG3カラーで塗装しました。

バンダイプレバンにあるG3の写真を見て自分でテケトーに選んだものですがご参考になれば幸いです。以下

白いところはクロスのNo325(航空自衛隊エアクラフトグレー)

薄いほうの青はガイアカラーのライトブルー(ダグラムカラー)

、青紫はかなり混色にシビアです。まずガイアのニュートラルグレーガイア純色バイオレットを3:1で混ぜます。EXブラックを5~6滴入れて、ホワイトで明度調整。その後にクレオス色の素のシアンを使って青味の調整を行います。5:1(1がシアン)です。これかなり大まかなので混ぜては一回一回白いプラバンに塗って色の具合を確かめて進めてみてください。

今回時間短縮で3日で完成しました。デカールも3時間の乾燥で上掛けしたんでかなり無理しましたね。何とかなったけどいつか失敗すると思う^^;

2 件のコメント

  • おはようございます。G3カラーいいですね。ビン生カラー仕上げ助かります!武器類の塗り分けで1色機体本体色を入れとくと専用武器感が出ていいですよって、だ〜いぶ前におっしゃってましたね。あの教えを守っていますよ。(量産機以外はね)
    私はbeyond買えませんでした😭
    次に出るイージーグレードでしたっけ、あれは店頭にたくさん並びそうなので買ってみようかと思ってます。
    G3カラーはそのとき参考にさせていただきます。
    梅雨の中休ですね。県をまたぐ移動も緩和されました。
    早速近場ですけど淡路島をサイクリングしてきました。
    気持ちよかったです!

    • おはようございます。
      できるだけ瓶生で使えるのならといつも在庫から選んでいるのですが、特にこの紫と青の中間くらいのものってなかなかないもんですね。
      機体色の色を武器に差し込んでやるとパーソナルカラーというかそんな気がして良いってやつですね。
      EGガンダムは価格も安いようですね。多分KPS樹脂による関節可動になると思うのでへたりが心配でもありますが自分も買うと思います。
      お値段もそこそこ安く設定されているらしいですね。複数かってジオラマとか固定ポーズで楽しめるかもしれません^^
      自分は昨日山登りできました^^/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です