エンゲージSR1 完成

ボークス HSGK ハイスペックガレージキット 

眼は蛍光塗料を塗っておいたのでUVライトで光ります。

IMSと比べてみたかったんですよね。買ったのは一年前だったでしょうか。

比べてみるとどちらも同じくらい。両者一長一短の良いところ悪いところがありますわ。ガレキのいいところはすべて身が詰まっているってことですが、パーツ割がないことで塗り分けにマスキングテープを多用することになります。

インジェクションはそれがちょっと楽になります。可動部分があるとそれが障害に感じます。「動かなくていいのに」と思う反面ポージングで微調整が出来るのでちょっと嬉しかったり。

塗装に関する苦労はどちらも同じですね。

製作手順

箱から取り出して、パーツのチェック(購入時に1w以内で速やかに行っておく。)

パーツを切り出して、大鍋で20分から30分煮込みモノマーを追い出す。その後分離材をクレンザーを歯ブラシなどを使ってごしごしと洗う。→乾燥

ゲートを処理。仮組→真鍮線1mm、1.5mm、2mmアルミ線などでつなぐ。

出来る限り無塗装で最後の完成状態にして確認します。

サーフェーサーはプライマー入りで用意しエアブラシで塗装。

傷やへこみはパテなどで成形しておきます。

基本塗装→部分塗り分け→クリアー→研ぎ出し→再度クリアーでフィニッシュ。

もちろんクリアーはウレタンです。硬化剤があと少し残っています。グロスもいい加減終わりかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です