第405回 コントラストカラーを塗りながら

シタデルのコントラストカラーを塗りながらお話しています。ベースに採用しているのはクレオス1000サフの上からガイアのエヴォホワイトサフを塗っています。箱にある大体の塗装図を参考にしながら先日買い求めましたコントラストカラー3色を使って塗っています。pZero初の新しい試みです。

白っぽいところに塗ることでシャビシャビな塗料が広がり隅っこにたまるようになります。しかし平らなところが全く塗れていないのかというとそうではなく若干明度が高いくらい残っています。

スミイレ塗料の濃いめのやつを全体に塗ってる感じですのでとても気が楽に塗れますね。タダ、今回使ったなんたらレッドというものがあるのですが、これは何かしら薄めないとほぼ真っ赤に染まります。もちろんふき取ってしまえばいいのですが、細かめのモールドがあるところなどには容赦なく赤く染めだしてくれますね。色によっては薄めて使うことになると思いました。

今回は全体をコントラストカラーでいったん塗っています。この後細かく塗り分けをしていくことハイライトを入れてやることなどでしょうか。

これまでもスタンダードなシタデルの塗装方法に比べると若干早くなるかもしれませんね。でも結局のところ同じような完成具合になるまでなのでどちらが早いとか遅いとか、または上手くいったかどうかは経験を重ねることと作例を見て目を養う作業をコツコツやっていくべきでしょう。

もう一つのchに昨夜一本上げたんです。2時間で3再生^^;まぁ、期待はしてないのと内容も薄っぺらいですしね。

でもね、そんな再生数なのにフランス語でコメントが入ってた。おぁ~、すごいな。やってみる価値ありますぜ。すっごく不定期で一本上げるだけで息が上がるんですけどね^^;

5 件のコメント

  • こんばんは。
    今回の台風は過去に経験がないほどすさまじいものでしたが、降水時間も量も極めて長く、例えば今日は丸一日晴れ渡って暑かったのに玄関先のわずかな土がまだまだ湿っている状態です。
    長野県は被害がひどく、千曲川で大規模氾濫が起きていて未だに救助もままならないような状況だとニュースでさかんにやっていました。もし山に行かれるとしても土の水分含有率がかつてない状況ということもあるので、お気をつけて。

    • 登山が趣味でないので良く知らないのですが、この巨大台風の後でも登れるものなのでしょうか?なんだか少し調べても地盤が緩んでいて危険という話ばかり目にします。かなり危険な状況のように思えるのですが、北アルプスでも場所によっては違うのでしょうか。

      • 今晩はありがとうございます。一応登る場所は登山指導所がいくつもありそこから得られる情報をもとに登る程度を決めようと思います。有名どころなのでいつもなら登山者観光客の人で一杯なところです。上高地のホテルに泊まれるだけで終わってもいいくらいのつもりです。ご心配お気遣い誠にありがとうございます😊

        • おおそうなんですね(゚д゚)!
          登山のタミヤ道的なものがっ!(違)
          楽しめますように(`・ω・´)ゞ
          シタデルカラー楽しそうですね。もし容器を倒したら一週間闇堕ちしそうなお値段なのが障壁になって私はまだ手を出しておりませぬ。それでもウォーターパレットを使ってみたいので水性アクリジョンにしました。

          • 今徳沢ってところにいます。春に来たところと同じですが😅楽しいデス

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です