タミヤ1/48F14A その3

F14Aトムキャットを毎日製作にいそしんでいます。先日も書いた通り精度の良さに各部分の塗装までを先に進めて最後に取り付けをするだけでも良い。取り付け後のガタガタも感じられない、そんな精度の良さなので安心して先に塗っているところです。

ラジオ動画第418回で各部分の説明を行っています。以下ご覧ください。

シートの塗装です。小さくて細かいので塗るときは1/48フィギュアを塗るつもりで。ウォーハンマーのフィギュアでだいぶ慣れたと思っていましたが、ここはタミヤエナメルで塗りました。うーん、古巣に戻った感じ?

パイロットのフィギュアと奥の方はRIO管制士。黄色いヘルメットには矢印マークのデカール。

キャノピーガードの黒と黄色の塗り分けには苦労します。下から見ると途中でラインが切れていますね。あそこまで筆が届かず塗れなかった・・・。

エンジン内の噴射口ですね。ここはメタルカラーで塗装しています。エンジンノズルの内部の色は白か黒の世界です。メタルの色もないくらいでいいのかもしれませんが、演出でございますな。右にあるファンは中央がホワイト指定です。マスキングをはがす前に磨いてメタルカラーをつや出ししておきます。

エンジン内部の塗装です。ジェット噴射室?の中身は高温高圧になるところで内部は酸化チタンになっているところです、ところどころにススが付いているくらいだと思いますが、実際の戦闘機のエンジンノズルからのぞいたらほんとあんな感じになっています。先にジャーマングレーなどの暗めの色を塗っておいて上からエアブラシでホワイトの線を引くように塗ります。その後AKのエンジングライムやストレーキで汚しました。

ノズル先端です。見えているのは短く開いている方です。

上に見えているのが絞っている方です。絞るとタコの口みたいな形になるんですよね。この周辺は外はチタンの無塗装になります。まだ塗装の途中です。つやが残っていますね。まだ途中です。黄色と青が強く見えますが、カメラの影響です。実物はもちょっとお上品ですよ。

こちらノズルの根元のほうです。実物はもっと暗くすすけた感じにしています。

サフ→ベースはブラック(艶)でメタルの定番の下地にしておきます。その先はラジオ動画にもありますが、AKインタラクティブのチタニウムを塗装しています。その後パネルラインに沿ってクリアオレンジとクリアブルーを塗ります。ノズル根元はフリーハンド。先のほうではマステを使っています。境界線のないぼんやりとそうで良いです。しかしこの先スミイレとすす汚れを筆で行います。昨日は時間がなくここまでとなりました。

デカール貼るのに苦労しました。どれも同じように貼るのって対異変ねぇ。ずれちゃったところもあるのよ~。

垂直尾翼は取り外しができるようにネオジム磁石を仕込みました。上から載せて固定するだけなので2個づつ合計4個で固定可能。

残り装備はメインギアとキャノピーの塗装が面倒でなかなかそっちに手が行かない^^;でも今日こそがんばろう。

垂直尾翼はほとんど黒と先端黄色だけなんで先に塗ってしまってもいいな。どうやら中心部分ほど最後に持ってくるのが正解らしいぜ。

久しく作ってこなかった飛行機モデル。最新事情はこのタミヤ製のF14を組み始めてだんだんわかり始めました。他社の最新事情がどんなものかはまだまだ知るところにありませんが、タミヤは誰しもが納得のできる世界的な流通を持っているでしょうしね。全世界規模でこの出来のF14が流れていると思うとなんだか誇らしいですね。

4 件のコメント

  • いやぁ~一つ一つの塗装が素晴らしくリアルですね!見ていてワクワクしてきます!!
    エンジン内部の焼けたチタンの色やタイヤの表現は「流石pZeroさん!」と唸りました。
    この後の様々な工程がとても楽しみです(^^)/

    • ありがとうございます。
      このパートにはこれまでの知識が反映される場所の塗装でもありますのでとてもうれしいです。
      エンジン内の筒の内側の表現は作るごとに毎回悩むところなんですが、今回は先に黒っぽい色からスタートしたこともあって
      思っていたよりはホワイトのノリも良く汚しも再現できました。
      タイヤが真っ黒に見えるときってたいてい逆光の影なんすよ。うんw

  •  こんばんは。毎回楽しみに拝見させて頂いています。
    ブログへのコメントに気付くのが遅れて申し訳ありません。スルーした訳ではないのヨ。
     メタルカラー ダークアイアン良いですね、擦ると金属っぽくので毎回擦り過ぎて剥げるを繰り返しています。 今はタイガー1製作中ですが、裏では飛行機を製作中。ピカピカですが綺麗に汚す方法を思案中。

    • いよっ!てんちょうこんにちは。丁寧なご返信ありがとうございます。
      新規ブログになったので来れないのかなと心配しておりました。あと元気にされてて何よりです。
      でね、つい今も塗装してるんですけど面積が広いと改めて塗装と製作の途中途中で気が付いて修正しての繰り返しを感じました。
      いかにタミヤと言えどです。それでもハセのあれアレの状態に比べればその修正幅のデカさよりは全然ましなんですけど結局やっていることは大して変わらないものなので
      手間数は減らないんですよね。問題は今までの自分の未知の技法をどれだけ入れてどれだけの成果を上げられるか。要は持ってるハードルを上げるってことなんですけど
      あんな風味が出せたらなぁと目を皿のようにしてみております。
      裏で飛行機も製作とのことですね。しばらく米海軍機をやろうと思いまして、これまで買ったアイリスのレジンパーツやノズルを使って完成させてやりたいです。
      海外モデラーの動画でやたらレジンパーツとエッチング使ってるんですよね。うらやましくてたまりません^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です