キャノン型MS 初期型をウェザリング

初期型ガンキャノンを作りました。HGサイズで分割も優秀で段落ちモールドまくってるから塗料が関節に流れ込まないように気を遣えば素組→塗装でokです。

数をこなしたいですからね。デカールも付属のテトロンで行いました。この状態は基本塗装→テトロンシール→艶消しクリアの状態です。シールとモデルの境界線にクリアが噴き込まれて保護させているつもりです。

ウェザリングをしました。(カメラバイザーは汚れるので外しています。)ダメージングは行っていませんがそれなりの雰囲気が出たかな。鉄騎兵中隊は新品のMS部隊でしたから、ピカピカのまま出撃してそのまません滅されたと思います。ウェザリングしたかったんです。宇宙ってのは汚れるんですよね~(笑)

ウェザリングの方法というか先回のガンキャノンリバイブの動画をチェックしていたら、汚しはケープではがしやってたのでそれにのっとっています。

参考動画はこれ。

よく見ておいてください。ほとんど同じことをやっています。

シェードを行いました。シタデルのシェードとファレホのウォッシュを駆使。その上から油彩。まだ乾いてないのでもう少し乾いたらまだ加えます。

光線のあたる感じと重さとメタルっぽさも感じる。コントラストの利いた塗りになったと思います。普通にエアブラシの完成じゃ満足しなくなってますね。

後ろ姿。たたずむ独りぼっちのキャノン。

接地感の具合がとてもグッド。足の表情も豊か。

EFSFのマーキングが一番大判だった。ただ、テトロンシールは発色がダメ。白が白に見えない。下の色が透ける。シールであることの不満もあるがこういう機能性の良し悪しも評価であるとメーカーは受け取ってほしい。どうしようもなくて使っています。水転写デカールを別売りしてください。

さらに青いところをもう一度ラッカーで上塗り。表面がどの塗料でおおわれているのかわからないくらいになりましたんw

油彩に使用したものはウィンザーニュートンのペアレントオキサイドレッドとチタニウムホワイト。

この後ドライブラシ少量(多分ウェザリングマスター)でフィニッシュしようかな。

このポージングは乾燥第一にしているので触れません。塗った後のそのまんまで撮影しています。あと一日くらいは触れませんなぁ。油彩は乾燥に時間がかかりますね^^;

もうちょい手を加えるので今日の編集間に合わず。動画は週末には無理かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です