【筆塗り】ウォーハンマーを塗る【楽しい】

スペースマリーン。先日ヨドバシで即ゲットしてしまった青い戦士。

シタデルカラーで塗る

ウォーハンマー久しく触っていなかったんですが、昨夜シュペルターヘッド改造のパテ乾燥時間で空きが出来たのでサクッとスナップフィットなウォーハンマーを手でもぎって背着剤もなしで一体くみ上げしました。

手でもぎる快感てw
地面のモールドついてて良キットだぞ~^^
ミリタリー感があふれててかっこいい。

この状態でおもむろにMIGの水性サフを吹き付け塗装開始。

使用したMIGのプライマー。薄める必要がなくそのまま使えます。パーッケージ開けず数か月がたちまして使ったのですが、若干劣化してたのか下のほうに塊がありました。
それでも何とか吹き付けてあります。サフとして使います。下の色の隠ぺい力はそこそこありますよ。
まずはベースカラーのなんたらブルーを塗ります。筆塗りで全面を塗装。

なんとシタデルカラーで筆塗りを始めてしまいます。これが久しぶりの感じで楽しいですねぇ。

そのあとノルンオイルという名前のシェードカラーでキワとくぼみになるところを塗り

塗装の手順はシタデルの指定にあるものを基準としていますがこのところ何が何だか分からなくなってきているのもあって好き勝手に塗っています。最初はサフ→ベースカラーの青で全体を塗る。→シェードカラーのノルンオイルで黒影のところを一段暗く塗る→各色の塗り分けで塗ってライトカラーを塗って立体感を出すように塗装する。という手順ですね。

金色の枠を塗りました。このゴールドを他マーキングなどにも使用します。いや、落書きのようで楽しい。

ごつさが最高のストレス解消に結び付く

地面のところもグレーで塗っています。乾きが遅かったのでそんなに手を入れていませんが、あれにはシーナリーパウダーや草をはやすことにします。
一時間で乱暴に塗ってもなんかかっこいい。

出来上がりがこんな感じ一体に一時間で塗りました。こんなストレス解消法といいますか、時間つぶしはモデラーならではじゃないでしょうか。シタデルカラーを久しぶりに使っていますとグラデーションのやりやすさを感じますね。なんというんでしょう、モデルの上に塗料をおいて筆で延ばす感じはとても楽にグラデがかかってくれます。

ブレンディングしてる感じも手ごたえがあります。ノルンオイルという黒系シェードカラーで暗い影のところを書き込みスミイレのようにし、色と色の境目を陰で覆いつくし形を浮きだたせるようにライト系に振って、ハイライトを入れるとアニメ塗りの基本形ですしね。上から下まですべて水性塗料で終わらせることで手軽さ抜群です。

やはりストレス解消になります。数が増えてくるとまた嬉しいですからしばらくこれつづけてみよかな^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です