ディテールアップ「あしのうら」まとめ

MSのディテールアップで最も地味なところだけど最も平面の面積を持てる場所であることも言えるのではないでしょうか

必要物資

  • 厚紙方眼紙
  • デザインナイフ
  • デザイン案
  • SP
  • 0.5mmプラバン
  • 1.0mmプラバン
  • アルテコSSP
  • 瞬間接着剤
  • 万能バイス
  • サーフェーサ

最強のあしうら。

最強の脇の第二段は「最強のあしうらー♪」ツボをついてあいたたたwあしうらディテールアップです。

これを目指します。

デザイン開始。

厚紙を切り出します。今回は5㎝四方で十分です。ドムなので大きい方かも。

トレースします。

出来るだけ中心からずれないように、継ぎ目ラインと方眼紙の中央線を合わせてトレース。

トレースが出来たら鉛筆で下書きします。長い間やっていくとデザインにもパターンが出てきます。今回もずいぶん昔ですが過去に作ったものの似たような形になってしまっています。

なのでほんの少しだけでもいいので変更するように心がけています。

ベースの切り出し。

ベースとなるのは0.5mmプラバン。これを切り出しておきましょう。1mmだと厚みがありすぎ、0.3mmだと薄すぎて貼りつけ時に強度がたらず、接着剤で変形してしまう恐れも出てくるので0.5mmがちょうどいいのかな。

ベースプレートのトレースをします。トレースの連続です。

赤いところで分割します。中心線で折り曲げて二枚合わせでカットすると左右対称に。これ大事です。

左右対称にカットするには真ん中で折って重ねてカットが基本。

必要な部材をとにかくカット。このカット作業のために初期段階はゲージをつくることから始めます。一枚目をきれいにカットしてそれをゲージにするか、切りやすい0.5mmをゲージにするかです。とにかく左右で2つ対象になる形ですから合計で4枚必要な部材があります。

一つの部材で1mmなら4mm厚。この部材を一度に加工することで左右対称でかつ効率のいい正確な形を作ることができます。

中央のバーニア?地上用だからホバーなのか単に歩くだけの子なのかいろいろ自分の中で葛藤します。黒い三連星の時のドムはホバーによる高速移動でした。このプロトタイプドムもホバーなのか。あとでライブ配信で1/100の絵ではホバリングしている絵があると聞き、ホバーで良いのだと一安心しました。

ジャンルは違うが使えるパーツは積極的に採用する。

ということで中央のホバーのための丸いモールドが必要となっていたのですが。バーニアを裏から埋め込むという方式ではなく、薄っぺらい丸いグリルを探してきて貼りつけるだけにしてあります。ちなみにドラゴンの1/35パンターのラジエーターグリルです。めっちゃ余ってる。

部材の量産はプラバンに瞬間接着剤を点付けしてアルティメットカッターで添え切りカット。その後でぺーカーで角を落とす方式。4枚作るのでまとめて加工するといいです。

部材がそろい一つ出来上がりました。右のが完成品。一番左がドムのデザイン。

切り出した部材。ほとんどが1mmプラバンのカット品。左右対称の形だけど右足左足の2個作るので合計4枚カットする必要のあるものが多いです。

ベースに貼りつけてパーツを作ります。プラバンの貼りつけばかりなので位置合わせだけ気を付ければ大丈夫。

中央のラジエターグリルの接着。

ピンセットで押さえながら流し込み接着剤を使います。

サイディングプラバンは使いすぎないように。

これまでのマンネリ化したデザインをちょっと変更するためにサイディングプラバンを採用しました。使いすぎるとすぐにクドくなりますので容量用法は最適化させることを心がけないとサイアクな中二デザインになります。真実を言うと実はこういうところが難しいものなんです。今回はなんとかなりましたけど日々これ精進ですね。

アルテコパテで継ぎ目や隙間を埋めて表面処理。

なんとか畳み込んだ感じ。

斜め下からの目た感じ。深く彫り込まれた感じがするかも?実際の厚みは2.5mmであっても重ねられた面の多さが勝負どころです。

元のドムずいぶん変更したなぁ。ずいぶんクドくなってしまいました。

サフで締めます。


最強の足の裏まとめ

  • トレースは出来るだけきっちり合わせること。
  • プラ板カットは2枚(複数枚)まとめて同時にカット。
  • アメージングカッターあると便利。
  • デザインはパターンの繰り返し。たまに変更するが自分の中にあるものです。
  • サイディングプラバンの使い過ぎは時に毒になるのでご注意を

以上です。動画になったらまたよろしくね^^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です