軽車両撮影用ベース

昨夜は突発的なライブ配信を行いました。アーカイブに乗せていますのでご興味のある方はご覧ください。

ライブ配信も4回目高になってだいぶ慣れたかもしれないなんて思ってたらそうでもないですね。終始常にあたふたしてましたね。ライブやりながら作品もばっちりなんていかんもんです。ゲーム配信とかやっている人凄いよね。ゲームやりながらコメントを返信するなんてとてもとても無理。他にもいくつか気が付いたことがありました。今後機材を充実していけば解決に向かっていくことでしょう。

上にある写真はライブ配信後に2時間ほど自分で砂をまいたり草を生やしてみたりやっておきました。もう何種類か植物を入れても良かったのですが、撮影用ステージとして考えるとあまり派手なストラクチャは必要ではありません。むしろモデルがかすんでしまうようなこともしたくないのでこの程度にとどめておきます。使用したマテリアルはシーナリーパウダーや砥の粉、水槽用のゼオライト、ピグメント、グリンスタッフワールドのポワポワ草(←勝手につけた名前)をくっつけた程度です。それだけでこんな形にできますのでやってみよう。ここまでで延べ時間6時間もいりません。慣れれば石こうが固まる時間とか抜けば3時間ほどになります。

ベース基礎の色を塗った後なら材料を並べて順に載せていくだけだから三分間クッキングと同じだ!だからやれる!と思ってたら出来ねぇ^^;ライブってほんと大変なんすね(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です