FAZZを変形させてみた。

させてはみたものの、やはり無理がありますね。パーツの一部にロックがかからないとか、そんな理由ですけど。

素組完成状態から。

コアベースは出来ます。足のふくらはぎとバックパックの接続固定が出来ないくらいで他はアーマーを外せば出来ました。というのもバックパックからロック用の爪がないみたいですね。他足に固定される場所がFAZZには見当たりません。

正面から見るとかっこいい。かなりふとましい輸送機のようにも見えますね。

横からみてはいけない(笑)

まるで氷の上のペンギンのようです(*´Д`*)

一方こちらはコアトップ。ビームのガンバレルのところは取り除いています。形とすることは可能です。後ろの羽根も若干緩いので気を抜くとポロリしやすい。

Gフォートレスにしてみました。これならしっくりしますね。ただアーマーはほぼ取り除かないとこの形は無理でした。

色味に新鮮さがありますね。

ロック機構がオミットされているところはやはり不安定でかっちりとまっすぐには固定できません。

上の写真を見るとバックパックと足の部分にずれが発生します。上から乗っけているだけでなんとか撮れました。

お次は顔ですね。両方を見比べると特に角度は意識してはいないのですが、結構表情からがらりと変わっていることが理解できました。ハイメガキャノンはFAZZでは飾りですが、こうもデザインが変わるもんですね。下にずれている。それと上部が後方に向けて太い。リーゼントの決まった渋いお兄ちゃんですなw

横顔。ZZのほうにフォーカス。

FAZZのほうにフォーカス。見比べると確かに目つきが悪いデザインです。良い意味でかっこいいですね。目が細いから陰にみえちゃうけども。

後頭部形状の違い。

全くの別物ですね。しかしまぁ大胆なフィンです。まるでエアコンの通風孔のようです。既存の家電製品の形状を取り入れて身近なたとえを当てはめるデザインの取り方をしたのかも。「冷却してるんだよ。」の風味のあるリアルさが増しますね。

お互いの側面の違いを見てみると明らかなる側頭部の延長デザインでした。が、全く別なんですね。驚いたのはZZはあのアンテナ・・・とても残念な横顔。隙間が目立って仕方ないですね。

さて、今回の記事ではGフォートレスへの変形詳細は写真には収めておりませんが、動画ではやるかもしれないかなりグダグダなものになりそうなので悩んでしまいますが、それを過ぎたら二度と戻らなくなる手入れの長旅に突入するわけで長期モチベーション維持が出来るものとなるとやはり大きくて面倒なものになっちゃうのかな。

昨夜のライブは非公開に設定しました。ライブはやはりライブですね。皆さんからのご意見と自分の考えの最大公約数的なものを目指していく予定です。ディテールの追加、塗装の変更、電飾の追加など。大きな形状の変更はなく詳細を作る計画をします。詳細は写真や紙にでも描いて長期ワンテーマの取り組みでやっていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です